2004年10月10日

相場操縦・作為的相場形成とは?

Q:ご質問

証券取引法で禁止される相場操縦・作為的相場形成とはどのような取引のことをいうのですか?


A:お答え

相場操縦・作為的相場形成とは、株式相場を意図的に変動させて、その銘柄の取引に他者を誘引し、これにより自己の利益を図ろうとするような取引を指します。相場操縦や作為的相場形成は公正な価格形成をさまたげるため、証券取引法では、このような取引を行うことや受託することを禁じています。
具体的には以下のような行為が疑いをもたれることになります。


詳しくは、こちらへ ロスカットも利益確定も自由自在、日興ビーンズの逆指値・ツイン指値






・ 継続して高い市場関与率となる買注文を出す(※1)
・ 寄付き前に前日終値より高い指値で大量の買注文を出す
・ ザラバの直近値段(気配)より高い指値買注文を出す、買注文の残りの指値を高く変更したり成行に変更して買い上がる
・ 時間を追って、順次指値を上げた買注文を出す
・ 指値を刻んで買注文を同時刻にまとめて出す
・ 買指値注文により、株価の値下がりを防止する
・ 終値近辺での取引に反覆して関与する(※2)
・ 見せ玉の発注を行う(※3)
・ 風説の流布を行う(※4)
・ 仮装売買、馴合売買を行う(※5)

(※1) 高関与率とは?
売買取引が繁盛に行われていると他社に誤解させる目的で、仮装売買や馴合売買を行った結果、当該銘柄に対する特定の市場参加者の市場関与率が高位となる状態を言います。また、高関与率の継続は、価格形成に与える影響が大きく、当該市場参加者による株価の引上げ・引下げ・固定等の疑いをもたれることにもなります。出来高の少ない銘柄の売買を反復した場合には、このような形態と取られかねず注意が必要です。

(※2) 終値関与とは?
特定の株式等の終値を引上げ・引下げ・固定することなどを意図して、立会終了間際に発注し約定させるような取引を言います。例えば、大引け直前において歩み値が1,000円、売り気配が1,000円で5,000株の注文があるときに、成行の買い注文を6,000株出して終値を1,010円に上げるような状態を言います。

(※3) 見せ玉とは?
自己の注文を有利に約定させるため、約定させる意思のない大量の発注を行い、他者に相場の状況を誤解させる行為を指します。
例えば、約定させる意思のない大量の買い発注を行うと、他の投資家は買いが優勢で価格が上昇していくと誤解し、追随して買い注文を出します。その後、ある程度まで価格が上昇したところで買い注文を取消し売り注文を発注すれば、本来より高い値段で売り注文を約定させることができます。このような、約定させる意思のない価格をつり上げるための買い注文を「見せ玉」と呼びます。

(※4) 風説の流布とは?
株式等の相場の変動させるため、合理的な根拠のない虚偽の情報等を流すことを指します。これらは市場の信頼性や健全性を阻害するものであると同時に、実際に投資家が投資判断をする際に、誤認してしまう可能性があります。

(※5) 仮装売買、馴合売買とは?
仮装売買とは、株式等の売買取引が繁盛に行われていると他者に誤解させる目的で、同一の投資者が売買両方の当事者となり、権利の移転を目的としない取引を行うことを言います。
具体的には、同一の投資者が、自己の売付け(買付け)と同時期に、それと同価格で買付け(売付け)を行うような行為を指します。
一方、馴合売買とは、株式等の売買取引が繁盛に行われていると他者に誤解させる目的で、自己の売付け(買付け)と同時期に、それと同価格において他人が買付ける(売付ける)ことをその者とあらかじめ通牒のうえ、当該売付け(買付け)を行うような行為を指します。



詳しくは、こちらへ ロスカットも利益確定も自由自在、日興ビーンズの逆指値・ツイン指値
posted by コウノ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。