2004年10月10日

投資信託ってなに?

投資信託ってなに?  2003年6月20日(第1号)


■ これからの運用には投資信託が最適ですとアドバイスされましたが、投資信託とはどんな商品ですか?


● 投資信託は、株式と同じように毎日の価額が変動する金融商品です。

しかし、投資地域や投資対象がいろいろで、債券のようなリスクの低い商品から、デリバティブを利用したハイリスク・ハイリターンの商品までそろっています。


それでは、株式投資を始めましょう。
まずは資料請求を、日興ビーンズ証券からどうぞ。



投資信託は、「投信」や「ファンド」と呼ばれることも多い商品で、一言で表すと「たくさんの投資家のお金を、プロがまとめて運用する金融商品」です。

運用のプロは運用会社という運用専門の会社に所属しています。投資家が運用会社に運用を委託する点が投資信託のポイントであり、そこから様々な特徴につながります。ポイントの1つ目は、運用するお金がたくさんになること。

運用するお金が多ければ、個人では購入しにくい高額の株式や債券、あるいは不動産などに投資することができます。

そして、たくさんの投資家が参加することによって1人1人の投資額は小さくすることが可能になります。ご存じの方も多いと思いますが、投資信託は1万円程度から購入できるものがたくさんあります。

また、お金がたくさんになればたくさんのものに投資することができます。個人で株式を何十銘柄も購入し、管理するのは大変ですが、投資信託ならば何十、何百という銘柄の株式や債券を手軽に購入することができるのです。

投資対象をたくさんに分けておくことは分散投資と言って、リスクの低減に効果的な投資方法です。分散投資が簡単にできることは投資信託の大きな特長と言えるでしょう。

そして、プロが運用することも特長です。普通の人は資産の運用ばかり考えて生活することはできません。仕事があったり、家事があったり、勉強、遊びなどなかなか時間がとれないことでしょう。

株式や債券など値段が刻々と変化する商品に投資するときは、たくさんの情報と分析・研究が重要になりますが、すべてを個人で行うのは大変な作業。しかし、運用会社ではファンドマネージャー、アナリストなどたくさんの専門家が、いつも投資信託の運用を見守り、適切な運用をすべく努力を続けているのです。


それでは、株式投資を始めましょう。
まずは資料請求を、日興ビーンズ証券からどうぞ。

posted by コウノ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(1) | 株式投資入門 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

最近負けすぎ
Excerpt: また負け 完封負け 今は勝ち負けより若手育成? それにしても負けるのは最悪です
Weblog: -ドラゴンズファンサイト- 我等竜党 別館
Tracked: 2005-10-06 21:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。